Biz/Zineニュース

DNX Venturesとセールスフォース・ベンチャーズ、新型コロナのSaaS企業への影響を調査

 DNX Venturesおよび米国セールスフォース・ドットコムの戦略投資部門であるSalesforce Ventures(セールスフォース・ベンチャーズ)は、国内スタートアップ企業39社を対象とした「新型コロナウイルスのSaaS企業への影響に関する実態調査」の結果を発表した。本調査は、DNX VenturesとSalesforce Venturesが共同で、両社の出資先である国内のB2B SaaSスタートアップ企業を対象に実施したもの。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] SaaS

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の調査では、コロナの影響により、何らかの営業戦略の変更を行った企業の割合が約90%だった一方、本年度通期の受注見通しが「25%以上減る」と答えた企業は18%に留まった。また、新たな収益の機会を見出すことができたと回答した企業が72%、コロナがデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させていると回答した企業が97%に上る結果となるなど、コロナが業績に与える影響はSaaS事業に関しては限定的であることが伺えた。これにより、SaaSが新型コロナウイルスやその他不測の事態にも対応が比較的容易かつ影響を受けにくいビジネスの業態であることが分かった。さらに、コロナによるDX加速を機会と捉えている企業も極めて多いことが明らかとなった。

今回の調査で明らかになった主な結果

  • コロナの影響で営業戦略において何らかの変更を行った企業の割合が約90%
  • 本年度通期の受注見通しが「25%以上減る」と答えた企業は18%
  • 新規顧客のパイプラインに「変化無し」または「増加した」が約半数の49%
  • 「新たな収益機会を見出せた」と回答した企業が約72%
  • 「コロナがDXを加速させ、自社の事業にとって追い風になると考えている」企業が約97%