SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「起業家社会」の経営学

“新しい意味”を発見する「コミュニティ」と「未来シナリオ」とは──ドラッカースクール山脇教授の提言

ゲスト:ピーター・F・ドラッカー経営大学院 教授 山脇秀樹氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

未来シナリオを“丸投げ”してはいけない

藤田:『戦略の創造学』で伝えている活動をビジネスリーダーが取り組んでいくときに、社内での対話ももちろん必要ですが社外の人たちとつながることがとても重要だと思います。例えば家電に関心のある複数の会社の人たちがつながるコミュニティで、様々なアイデアを話し合い、新しい発想を会社に持ち帰るなど、コミュニティを通じて発想やアイデアを生み出すことは不可欠だと感じます。

山脇:多くの企業の始まりを見ても、創設者が自分の組織や産業、あるいは地域や国から出て何かを見つけたときに、ひらめきの瞬間である「アハ・モーメント」があって、新しいイノベーションにつながるケースが多いですよね。だから会社や自分の産業や分野から飛び出して、あるいは普通の生活の中で、普段話さない人と話をしてみるというのは重要です。私だって、大学の教授とだけ話していても、こういう本はできなかっただろうと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「起業家社会」の経営学連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング