Biz/Zineニュース

デロイト トーマツ、NTT-ATとの連携により顧客の企業戦略に基づく業務DXを支援

 デロイト トーマツ リスクサービス(以下、DTRS)は、NTT アドバンステクノロジ(以下、NTT-AT)と、コロナ下の企業における喫緊の課題である社内業務のデジタライゼーションについて、法令遵守やガバナンスの観点を含む業務革新のアドバイザリーサービスから具体的なソリューション提案までを戦略的に実現するための協業を開始した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX デジタライゼーション

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DTRSとNTT-ATは、企業が取り組む各種業務の電子化やペーパーレス化などのDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するため、第一弾として、社内業務の中でも重要な位置を占める契約・請求関連業務のDX推進に向け、NTT-ATが展開するAI契約審査プロセス支援システム「インテリジェント契約チェッカー」、RPAツール「WinActor」等のDXツール群と、DTRSによる企業の経営課題に沿ったアドバイザリーサービスとAI-OCR「DeepICRクラウド」を組み合わせ、顧客それぞれにあわせたベストプラクティスを具現化・提案していく。

 デロイト トーマツは、これまでスマートワークの推進を目的としたテクノロジーの導入等、企業の管理業務の効率化・高度化を支援するアドバイザリーサービスを多数手がけ、経営変革を後押してきた。経営変革の阻害要因となっていた既存のAI-OCRの課題を解決するためにDTRSが独自に開発したDeep ICRは、ディープラーニングによるノイズ処理や文書全体の認識を行う特徴を持ち、NTT-ATの強みであるインテリジェント契約チェッカーやWinActorなどのDXを推進するソリューション群と相乗効果を生むソリューションとして採用された。両社技術の相乗効果により、契約書・請求書関連業務に対する統合的なDXソリューションを提供することが可能となる。

 具体的には、紙の契約書や請求書で顧客との取引を実施している顧客に対して、コロナ下でのリモートワークによる業務のDXを実現するために、DeepICRとWinActorを活用した経理処理の自動化の導入や、契約業務を幅広くデジタル化するために、契約書審査のスピードアップを行うインテリジェント契約チェッカーやDocuSignによる押印処理の電子化を行う。そして、各タスクは、WinActorにより有機的に結合させたペーパーレス業務を実現する。こうした業務改善を、顧客のそれぞれの経営課題・状況に応じたベストプラクティスとして提案していくという。