Biz/Zineニュース

デロイト トーマツ、Salesforce開発、保守・運用領域の体制強化

 デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング(以下、DTC)は、Salesforceを活用した構想から開発、保守・運用までのEnd-to-Endでのビジネス支援体制を2023年に向けて強化し、人員体制として現状の4倍強の520人体制へと拡充を図る。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] Salesforce End-to-End

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスの構想からソリューション導入・展開までを迅速に実現するべく、End–to-Endの支援体制が強く求められていることを背景に、DTCは、価格競争力のあるサービス提供体制の強化を図る。なお、Salesforceのビジネス支援メンバーは、デロイト デジタルの一員としてビジネスを創造するという。

 これにあわせて、DTC子会社のエー・フレーム(以下、A-frame)は、2020年12月1日より新たにSalesforceを用いたシステム開発、及び導入後の保守・運用・Dev Opsを担うAMO(Application Management Outsourcing)サービスなどのビジネス展開を開始する。A-frameはこの度発表した、Salesforce領域でのビジネス展開の開始を始めとして、デロイト トーマツ グループが今後さらに拡充する企業のDX(デジタル変革)支援におけるEnd-to-Endでのサービス提供の方針に対してグループの一員として一体的にビジネス展開を図っていく。