Biz/Zineニュース

電通とベクトルがESG経営支援領域で業務提携 企業のSX推進を目指す

 電通とベクトルは、企業のESG経営支援領域での業務提携を発表した。この提携による取り組みの一環として、ベクトルが保有するESGスコアリング及びそのレポーティングのサポート力をもとに、非財務の新しい企業価値の指標と関連するソリューションを共同開発し、1年間で国内200社へのサービス提供を目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ESG サステナビリティ・トランスフォーメーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の提携で電通は、ベクトルのESGスコアリング及びレポートを活用して、導入企業のESG経営の実態を把握。そこから、次期統合報告書のアウトプットから逆算した戦略・戦術を策定し、クライアント企業の価値向上を目的とした統合的な施策の提案から実施まで行う。

 電通および国内の電通グループは、ESG経営支援を皮切りにSX(サスティナビリティ・トランスフォーメーション)領域に参画し、日本企業の成長の統合的パートナーとして、クライアント企業のグローバル市場における競争力向上と、日本全国の優良企業の認知拡大に貢献していくとしている。

本提携による具体的なソリューション例

  • ESGスコアリングおよびレポートの提供
  • ESGスコアリングによる統合報告書の作成支援
  • ESG指標を用いた、企業のパーパスや事業戦略の策定支援
  • ESG経営起点のSXに関わるPR活動支援
  • スコアリングに寄与する制度・認証の取得に関するコンサルティングおよびサポート
  • 事業戦略に基づくサステナブルロードマップの作成
  • 成長戦略の実施における、組織・コミュニティ・人材の育成とインナーコミュニケーション
  • ESG、SDGsに対応した商品・サービスの開発やデザイン
  • 商品の提供方法・チャネルの開発と回収やリサイクル・アップサイクルの仕組み構築
  • 情報公開・ブランディングのためのコミュニケーション支援
  • SXのための個別のアクション開発・インターフェースの整備・構築
  • サーキュラーエコノミーを実現するDXの導入
  • 持続的な社会と企業の在り方を目指した、業種や規模を超えた企業間の共創・連携