Biz/Zineニュース

KDDI、「ジョブ型人事制度」の実現に向けタレントマネジメントシステムを刷新

 日本アイ・ビー・エムとSAPジャパンは、KDDIの新たな人事制度の実現を推進する「タレントマネジメントシステム」に、クラウド型タレントマネジメントシステム「SAP SuccessFactors」が2021年4月より利用開始されたことを発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] タレントマネジメント 企業戦略 ジョブ型人事制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMはKDDI版ジョブ型人事制度を推進するための構想策定に関するコンサルティングからシステム構築までを行った。システムの利用対象者数は、KDDIプロパ全社員に該当する約17,000名。

 KDDIは、「人生100年時代を見据えた、プロを創り、育てる人事制度の構築」の実現を目指して、KDDI版ジョブ型人事制度の導入、新たな働き方への変革や社内DXを進めている。新制度の運用を支援するITには、迅速かつ柔軟に利用開始できることや、将来の人事業務高度化に円滑に対応できることが求められていた。さらに、真に定着させるためには、経営層、管理職、社員のすべてが活用するために、システムを使いこなすことが重要であり、豊富な実績に基づく知見やスキルを持ったパートナーが必要とされていたという。

 SAP SuccessFactorsを利用した「タレントマネジメントシステム」は、オープンな人財データベース、上司と部下の継続的かつ双方向のコミュニケーションを促す仕組み、新評価制度の対応、公募・副業による人財交流の活性化など、社員一人ひとりが最大限の能力を発揮するための人財管理・育成の機能がある。KDDIではこのシステムを核として、KDDI版ジョブ型人事制度へのシフトを促進していく。