Biz/Zineニュース

NTTグループとNEC、5Gを活用した企業向けソリューションの共創を開始

 日本電信電話(以下、NTT)、NTTデータ、日本電気(以下、NEC)は、グローバル市場において、5Gを活用した企業向けソリューションの共創活動を開始する。NTTデータ子会社NTT DATA Deutschlandのイノベーションラボ“Ensō – The Space for Creators”(以下、Ensōラボ)での顧客との共創活動を通じて、市場ニーズを基にした事業開発、5Gソリューション開発を行い、ビジネスモデル・事業創出を目指す。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 5G 共創 NEC NTT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ensōラボでは、NTTデータによる5Gを活用した企業向けの共創環境の構築と、NECとNTTで研究開発を進めているO-RAN仕様に準拠したNECの基地局装置を追加設置し、マルチベンダによる5G環境の整備を実施。企業は、この新しいEnsōラボを活用することにより、O-RAN仕様準拠の5G基地局を活用したデモの構築や、固有の要件に応じたアプリケーションのプロトタイプ開発などが可能となる。

 3社は共創活動の第1弾として、欧州の自動車関連産業をターゲットにO-RAN仕様準拠の通信機器等の5Gインフラから、アプリケーションまで含めたソリューションを開発し、事業化を目指す。さらに、グローバル市場や自動車産業、製造業以外の産業向けにも、日本で既に実施しているローカル5Gの豊富な実績および、そこで得た知見やユースケースを活かし、新たなソリューションの創出を目指すとしている。