SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

「人的資本経営」とは何か

人材版伊藤レポートが示す経営の未来──「人的資本経営」と「企業が適応すべき3つの市場変化」とは?

第1回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「労働市場の複雑化」という変化の影響

 東京商工リサーチの『2020年「業歴30年以上の“老舗”企業倒産調査」[6]』によれば、2018年に倒産した企業の平均寿命は23.9年となっており、医学進歩や健康志向により人々の平均寿命が延びる一方で、企業の平均寿命が相対的に短くなっている。イギリスの組織論学者リンダ・グラットンの著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の中にもあるとおり、私たちは「人生100年時代」を迎えており、従来の教育→仕事→老後という直線的な人生ではなく、教育と仕事のサイクルを回す「マルチステージ」の概念を取り入れ、それぞれのステージに合わせた企業選びが求められている。

 ここでは日本企業の労働市場における特徴的な変化として「雇用の相互選択関係」と「ワークモチベーションの多様性」を挙げる。これらの2つの変化から、企業が労働市場で従業員から「選ばれ続ける」ための「人材に投資する難易度」が高まっていると考える。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「人的資本経営」とは何か連載記事一覧
この記事の著者

真砂 豊(マナゴ ユタカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング