Biz/Zineニュース

三洋化成と長瀬産業、共同で「匂いセンサー」事業化 AI応用した人工嗅覚でおいしさを可視化

 三洋化成工業と長瀬産業は、AI技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について、共同で事業化を検討することで合意した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 新規事業開発 AI DX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回、事業化が検討される「匂いセンサー」は、プローブ(人間の嗅覚細胞に相当する物質)に香り分子が吸着することによる、電気抵抗の変化で匂いを検知する方式のもので、機械学習を通じてAIが香り分子の組み合わせパターンを検知するという。

 本事業化にあたり、三洋化成は、界面活性剤および機能性高分子に関する技術を活かし、多様な匂いの識別を可能にする高精度プローブの組み合わせを提案。長瀬産業は、プローブから得られたデータ処理を含むセンサーシステムの上位設計と、顧客ニーズに沿った分析結果を提供する新規DXビジネスの構築を目指すとしている。

 両社は今後、「匂いセンサー」の事業化に向け、まずは日本酒の醸造工程における品質管理と、香り成分の管理・計測や分析を通じた、新商品開発への活用を目指すという。その後は食品、医療、香粧品や、工場での環境対応などといった市場においてのマーケティングを推進し、長瀬産業が有する顧客ネットワークを活用して、幅広い分野に展開するとしている。