Biz/Zineニュース

三菱地所、DXで新たな暮らしとまちづくりを目指す「三菱地所デジタルビジョン」を策定

 三菱地所は、DXにより生活者が暮らしやすさを実感できる新しいまちづくりを目指す「三菱地所デジタルビジョン」を策定した。まちでの体験を蓄積・最適化、より便利で豊かなUXの提供を通じて、一人ひとりのQOL向上に繋がる安心安全・快適なまちづくり、住まいづくりを目指すとともに、デジタル接点のオープン化によるライフスタイル・企業行動の革新を実現していく。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] UX DX まちづくり 三菱地所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱地所は、このビジョンの実現に向けた環境整備の一環として、2020年10月に共通認証I「Machi Pass」を開発。利用者は、まちで展開される複数のオンラインサービスや、来場予約・リアルな空間への入退室などオン・オフラインの体験を一つのIDで利用できる。また、希望に応じて、施設やサービスの利用履歴や位置情報などのデータに基づいた、より一人ひとりに最適化された体験の提供を受けることも可能となる。

 すでに、丸の内エリアで働くオフィスワーカー向けウェブサービス「update! MARUNOUCHI for

workers」や、丸の内エリア内の対象店舗でのポイントサービス「丸の内ポイントアプリ」、最新物流テックのショールーム「TRC LODGE」などが、「Machi Pass」を利用中。三菱地所グループでは、「Machi Pass」連携サービスを順次拡大しており、体験がデータとなって蓄積・最適化され、よりよい体験となって還流する豊かなUXの提供を通じて、一人ひとりのQOL向上を目指すという。

 なお、共通認証ID「Machi Pass」は、三菱地所グループ内での利用に止まらず、外部連携も可能となっている。「Machi Pass」のグループ内外との連携により、あらゆるまちの関係者とオン/オフラインでオープンにつながるエコシステム「Mitsubishi Estate Local Open Network」(MELON)を構築し、多様なプレイヤーとの協創を促進するとともに、シームレスなUXを実現することで、まちと人の関係を深化させていくとしている。