SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

NECと富士通、5G基地局装置間の接続性効率化に向け英国と米国のラボで検証開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 NECと富士通は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)の「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」において、ポスト5Gに対応した基地局装置間の、相互接続性を検証する技術の研究開発をNECの英国ラボと富士通の米国ラボで開始する。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 本事業において、両社は経験とノウハウを集結。それぞれの独自技術を両社の検証環境に導入することで、異なるベンダーの装置間における相互接続性検証の効率化を実現するという。

 両社は、2021年8月から段階的に、本技術を用いた検証環境を両社のラボに構築し、検証を開始する予定だとしている。ラボにおいては、各国・地域のキャリア、装置ベンダー、政府などと連携し、基地局装置間の相互接続性検証を効率化することで、装置導入までのリードタイム短縮を目指すほか、NEDOと協力することで、O-RAN(Open Radio Access Network Alliance)仕様に準拠した機器のグローバルでの普及と発展を後押しし、オープンな5G市場の活性化に貢献するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング