Biz/Zineニュース

インフォマートと建設ドットウェブ、共同で「建設デジタル化戦略」を発表

 インフォマートと建設ドットウェブは、建設業界における業務デジタル化および、DX推進を目的とした取り組み「建設デジタル化戦略」を、2021年9月9日に発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] DX 経営管理 デジタル化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なお、本取り組みの概要は以下となっている。

「BtoBプラットフォーム TRADE」を活用した課題解決

  • 建設業界の業務課題にアプローチする「出来高管理機能」「相見積機能」の開発:2021年7月にインフォマートがローンチした新サービス「BtoBプラットフォーム TRADE」にて、建設業界特有の業務課題である「出来高請求」にアプローチする「出来高管理機能」と「相見積機能」を2022年4月より提供開始
  • 建設ドットウェブが提供する「どっと原価NEO」との連携:建設ドットウェブが提供する、建設業原価管理システム「どっと原価NEO」と「BtoBプラットフォーム TRADE」のシステム連携により、発注~支払の処理業務の効率化を実現

「契約管理」のデジタル化推進

  • インフォマートが提供する契約書クラウドサービス「BtoBプラットフォーム 契約書」の浸透および、「BtoBプラットフォーム TRADE」との連携を通じて、契約業務のデジタル化を推進

 両社は今後、共同で建設業界の業務デジタル化による効率化、DXを推進し、企業の業務課題解決、業界のDX推進に貢献するとしている。