SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

メルカリと日本財団、「寄付型梱包資材」を共同開発 寄付金は「子ども第三の居場所」の運営に活用

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 メルカリと日本財団は、新たな寄付のツールとして、梱包資材の購入が寄付につながる「寄付型梱包資材」を共同開発し、9月21日よりメルカリにて販売を開始した。「メルカリ」で売れた商品の発送に使用できる専用梱包資材(5枚組1セット325円)の購入につき25円(1枚につき5円)が、日本財団が取り組む「子ども第三の居場所」の運営に寄付される。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 「寄付型梱包資材」は、誰もが気軽に社会貢献できる環境の実現を目指し、「気軽に寄付に参加できる、参加したいと思えるかたち」を模索するなかで生まれたもの。メルカリと日本財団の業務提携だからこそ可能な挑戦として、モノを送る際に必須となる梱包資材に着目し、“寄付をする” “社会課題を共有する”というふたつの機能を追加した「寄付型梱包資材」の共同開発にいたったという。

 また、メルカリアプリ内で決済・寄付が完了する手軽さが寄付へのハードルを下げ、「誰もが気軽に社会貢献できる環境」に繋がるとしている。

 「寄付型梱包資材」の購入を通して寄付金は全額、日本財団が取り組む「子ども第三の居場所」の運営に活用される。「子ども第三の居場所」は、特にひとり親世帯や親の共働きによる孤立、発達障害など、困難に直面している子どもたちを対象に放課後に安心して過ごせる居場所を提供し、生き抜く力を育むことを目的としている。全国約100ヵ所で運営されており、当面500ヵ所を目標にしている。この取り組みにより、さらなる支援の拡充と課題を社会全体に共有する一翼を担うとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング