SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

『NETFLIX 戦略と流儀』 “ローカルコンテンツ”で世界中を魅了するNETFLIXは日本の敵か?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

敵か? 味方か? NETFLIXとの付き合い方を考える

 ネットフリックスが日本に上陸したのは2015年であるが、同社はそれ以前から日本のアニメに着目していたという。そして、上陸後は数々の日本発アニメを世界独占配信した。『DEVILMAN Crybaby』や『攻殻機動隊SAC_2045』など、多くの日本人が知る大人気タイトルも、ネットフリックスの独自コンテンツとなったのである。こういった動きを、意外にも日本のアニメ業界は好意的に捉えているようだ。

 本書によれば、これまで国内の放送局からの受注に頼り切っていたアニメ制作プロダクションが、オリジナルアニメも多数手掛けるネットフリックスからの仕事も受けることができるようになり、新たな道筋を生み出しているという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング