SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

フレームワークを活用した既存事業の見直し

フレームワークによる他社分析を通じて自社の課題を抽出する

第4回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

他社事業をバックキャストで分析する

 最後に、事業を未来起点で見ていく手法で分析します。フォーキャストとは異なり、未来のシナリオを複数用意してから、どう対処すべきかを見ていくものです。

他社事業に合わせて環境変化要因を洗い出す(最初に外部環境分析を)

 外部環境の分析を行います。まずは時間軸と地域軸からです。たとえば「20年後の日本国内のシナリオプランニング」や「10年後の海外市場のシナリオプランニング」を定義しましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
フレームワークを活用した既存事業の見直し連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

今井 雄大(イマイ ユウダイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング