SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

フレームワークを活用した既存事業の見直し

事業設計をブラッシュアップする──未来から逆算する「シナリオプランニング」

第3回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 前回、洗練された戦略を立てるには、社内外で起こっていることについてきちんと整理・把握して未来像を描くことが重要だと紹介しました。第3回となる今回は、事業設計を別の視点でブラッシュアップする方法を説明します。前回は現状の分析からスタートし、足元から未来を予測してそのギャップを確認、それを埋めるアプローチを紹介しましたが、今回は、まず未来をイメージしてから足元の事業を見直す方法について紹介していきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「シナリオプランニング」で事業の未来シナリオを作る

 正解が存在しない複雑な問題こそ、未来から逆算する思考が必要になってきます。たとえば脱炭素。菅総理大臣(当時)は、2020年10月に「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言しました。ここで大きなゴールを設定したのです。足元では向こう5年間の集中期間に政策を総動員し、少なくとも100ヵ所の脱炭素先行地域を創出し、重点対策を全国津々浦々で実施することで、この取り組みを全国に伝搬させていくことを計画しています。

 最初に主語の大きな話をしてしまいましたが、要は、未来をイメージするにあたって“なりたい姿”を考え、そこへたどり着くために逆算していく、物事をシンプルに考えることが大切です。このようなアプローチをとることで、現在の事業の延長線上にある部分、延長線上にはなく大きくストレッチをしなければならない部分を顕在化させることができます。

 未来を見据える力を身につけるため、「シナリオプランニング」の考え方を取り入れて事業の未来シナリオを作ることが重要になるのです。

 シナリオプランニングとは、未来に起こりえる未来シナリオを複数描いたうえで、自社がどう対処すればいいのかを導き出す手法です。もちろん確定した未来は存在しないため、シナリオプランニングで定義する変化は不確実となります。

 不確実であるため、可能性のある複数のシナリオプランニングを用意することが必要です。たとえば、新型コロナウイルス感染症という脅威の今後を考えたときに「ワクチンが開発され、接種が進むことで新型コロナウイルスに感染しても死亡リスクが極めて低くなる」という確実性の高い未来があります。その後「新しい生活様式が定着した結果、外出すること自体が少なくなる」のか、それとも「以前と同じように通勤をして会社に行く」のか、あるいは「自宅時間でストレスを抱えた反動で、密にならない環境で過ごすことが当たり前になる」のかは不確実です。また、その他にも細かな変化があるはずです。そのすべての軸でシナリオを考える必要があります。1つの方向だけでなく、様々な面から俯瞰してシナリオをイメージできることが、シナリオプランニングの醍醐味になります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「インパクト」と「不確実性」でシナリオの優先度を選ぶ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
フレームワークを活用した既存事業の見直し連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

今井 雄大(イマイ ユウダイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング