SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業開発者が目指すべき「温度ある経済の環」

三井住友海上をASEANトップの損保に押し上げる――大企業に必要な“攻め”と“守り”の経営

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

30代メンバーを中心としたグローバル推進に挑む“攻め”のチーム

 2018年に多大な台風被害で保険金の支払いを行ったため、日本の損害保険会社は財務上一気に赤字となりました。この経験から、2021年の台風被害では各社とも、衛星データやAIを活用して損害額を迅速に把握し、支払いを実行しています。その中でも、三井住友海上は他社に先がけてテクノロジーを使って迅速に被害を計測することを発表したことで話題となりました。

 同社の行動は、コーポレートメッセージと行動憲章を体現しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業開発者が目指すべき「温度ある経済の環」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

三木 言葉(ミキ コトバ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング