SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

ビジネスアジリティとデザイン

大企業でのDX推進に必要なビジネスアジリティ──「本島戦略」におけるプロダクトオーナーの役割とは?

第6回(第1部・最終回)

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

本島戦略の主役である「既存ビジネスの実行者たち」に求められること

 今後、本島戦略が本格化すればするほど、重要となっていく役割があります。それが、本連載「第5回」でお伝えした「プロダクトオーナー」の役割です。

 日本の大企業においては、該当するプロダクト周辺のビジネスを理解している「既存ビジネス部門のメンバー」が、プロダクトオーナーに任命されることが多いです。ただ、日本の大企業におけるプロダクトオーナー制度は、まだまだ多くの課題が残されているケースがあり、具体的には、以下のような課題が発生しています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
ビジネスアジリティとデザイン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

根岸 慶(ネギシ ケイ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング