SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

日本工営とKDDI、タイでローカル5G活用の実証を開始 スマートファクトリーの実現を目指す

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 KDDIと日本工営は、総務省の「タイ王国工業団地内におけるローカル5Gを活用したアプリケーションの実証試験」に採択され、1月24日より実証を実施した。

 同実証では、タイ国内の工業団地に対し、5Gを活用した「4K360°カメラによる遠隔作業支援」と「カメラ映像・機械作動音声のAI分析・判断」のアプリケーションを提供。工業団地をスマートファクトリー化するという。

 実証を通じて両社は、海外における5Gのオープン化・仮想化技術の活用・有用性などを検証し、5G関連技術の海外展開や5Gを活用したデジタルソリューションの創出を目指す。また、今後タイをはじめとした東南アジアへの、日本のデジタル技術の展開支援や、それを支えるICTインフラ整備支援などを推進し、持続可能な社会の実現に貢献するとしている。

 具体的には、タイ王国アマタシティ・チョンブリ工業団地にあるDaikin Industriesの工場内に、3GPPが規定する5G無線装置/通信制御装置の標準仕様、およびO-RAN Allianceが規定するO-RAN Specificationに準拠した5G用基地局3台を設置。以下2つのアプリケーションを実証するという。期間は1月24日~3月上旬。

4K360°カメラによる遠隔作業支援

 現場の設備や構造、作業者の位置や検査方法などの全体俯瞰のため、4K360°カメラを設置。カメラからの映像を、5Gによって遠隔の監視者に送信する。現場作業者にはウェアラブルカメラ端末を装着し、遠隔の監視者は現場作業者目線の映像を確認できる。現場点検者の経験やスキル不足を補うことや感染リスク軽減、移動コスト削減が期待できるという。

  • 協力企業:リコー
4K360°カメラによる遠隔作業支援イメージ
4K360°カメラによる遠隔作業支援イメージ

カメラ映像および機械作動音声のAI分析・判断

 機械を常時撮影するIPカメラの映像データと、機械の動作音をマイクで収集した非圧縮音声データを、5Gネットワーク経由でクラウドサーバへ送信。送信されたデータをクラウド上でAI分析することで、機械の稼働監視や故障予兆を検知する。予防保守によるコスト削減と保守作業の効率化、作業員の負荷軽減を目指すとしている。

  • 協力企業:LEGA CORPORATION/ブレインズテクノロジー/コルグ/アニモ
カメラ映像および機械作動音声のAI分析・判断イメージ
カメラ映像および機械作動音声のAI分析・判断イメージ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング