SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineセミナーレポート

世界のデザイン教育最前線で起きていること-Global Innovation Design: GIDの試み

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“相違が相違を生む効果”に期待

相違により相違を生むGIDの仕組み 図3:相違により相違を生むGIDの仕組み

 学生の選抜においても多様性に配慮し、エンジニアリング、ファッション、金融、グラフィックデザインの経験者など、異なるバックグラウンドを持つ人たちが一緒にプロジェクトに取り組むことで、お互いにそれぞれのスキルを学び合える環境づくりに努めている。スキルだけでなく、学生の国籍や母語も、もちろん様々だ(GID初年度の全12人の学生の国籍は10、母語は9を数えた)。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
Biz/Zineセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング