SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

富士通とSBテクノロジー、自治体におけるゼロカーボンシティ施策の推進に向けた実証実験の結果を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 SBテクノロジー(以下、SBT)と富士通は、福島県会津若松市、茨城県水戸市、岐阜県多治見市、兵庫県加古川市の4自治体において、環境省が主導するゼロカーボンシティを実現するための施策推進に向け、分野を超えてデータの発見と利用ができる仕組み「CADDE」を用いて信頼性が確保された多様なデータを収集し、CO2の排出量や削減量を可視化する実証実験を2021年11月から2022年2月まで行い、2022年3月に評価を行った。

実証実験の概要

 SBTと富士通は、自治体が保有するEV公用車の電力消費量やソーラーカーポートの再生エネルギー発電量などの多様なデータを「CADDE」で収集し、可視化する環境を構築。実証パートナーとして参加したトヨタコネクティッド、エナジー・ソリューションズ、OpenStreetは、EVやソーラーカーポートなどのデータ収集と、来歴管理システムを含めた各機能の有効性を確認した。4自治体は、「CADDE」で収集したデータの利活用によるゼロカーボン施策への効果について評価を行った。

結果

1.「CADDE」の機能有効性

 データ収集・可視化については、EV公用車およびソーラーカーポートから利用目的に応じたデータの収集から可視化するためのデータ処理まで、正しく機能することを確認。また、来歴管理については、データの信頼性向上につながるユーザ車両データの追跡が可能となることを確認した。

2.ゼロカーボンシティ推進施策への有効性

 EV公用車ごとの移動データを随時取得することによる車両の稼働管理の効率化、ガソリン車と比較したCO2削減量を可視化することによるEV公用車への移行検討の動機付け、職員の環境意識向上への寄与など、ゼロカーボンシティ施策の推進につながるとの評価を得たという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング