SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineブックレビュー

『アマゾンvsウォルマート』小売に変革を起こしてきた“リアルの王者”は、迫りくるアマゾンとどう戦う?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

「オーナーシップ × 需要主導」で、店頭には“売れるもの”が並ぶ

 ウォルマートでは、たとえばサプライヤーによる販促企画に対する仕入れ量を決める際、各店舗に発注数を決めさせて、それをバイヤーが集計し、サプライヤーに発注する。売れ行きを予測するのは、バイヤーではなく店舗なのである。売り場を一番よく知るのは各現場(店舗)であるため、本部(供給サイド)はこれらのプロセスを主導しない。

 このように売り場に需要判断を任せることで、現場に責任を持たせ、やる気を引き出す効果もあるようだ。今日では、この手法は欧米のチェーンストアを中心に一般的となっているが、ウォルマートは特にこの特色が濃く表れており、店舗ごとに販促商品の位置や選定がまったく異なっているのだという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
Biz/Zineブックレビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

名須川 楓太(Biz/Zine編集部)(ナスカワ フウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング