「モッズ・ヘア」が顧客体験向上施策で、クラウドサービス「wizpra NPS」を活用

顧客ロイヤルティ向上に必要なデータ分析やコンサルティングも

 「モッズ・ヘア」直営店を展開しているアトリエ・エム・エイチ(東京都渋谷区)が、wizpra(東京都新宿区)が開発する、顧客体験をマネジメントするクラウドサービス「wizpra NPS」を活用し、店舗およびスタイリスト単位で顧客ロイヤルティを把握し、継続的にファンを増やしていく取り組みを開始した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

[タグ] データ・アナリティクス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NPS(ネットプロモータースコア)は、顧客ロイヤルティを計測する指標として開発され、従来の顧客満足度よりも売上との相関が高いことから、欧米を中心に急速な広まりをみせているという。

 「モッズ・ヘア」は、NPSを計測することにより、顧客ロイヤルティを向上する取り組みを行うため、「wizpra NPS」の導入を決定したという。

 3か月間の実施を経て、池袋店ではNPSが飛躍的に上昇し、計測当初は40%だったスコアが64%まで到達。池袋店は、スタイリストの応対に対する満足度が非常に高く、“何より、爽やか丁寧な接客に大満足” “予約時間にすぐ始めてくれる” といった顧客の声が集まっているという。

 「wizpra NPS」を活用することで、単なるNPSの計測ではなく、顧客ロイヤルティ向上に必要なデータ分析やコンサルティングを受けることができる。また、wizpraが保有する国内事例や業界平均などをベンチマークしつつ、継続的なサービス改善を行うことで、顧客が生涯利用し続けるブランドをめざすという。