SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ローランド・ベルガー、最新スタディ「CASE時代におけるモビリティのプライシング戦略」を発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ローランド・ベルガーは、最新スタディ「CASE時代におけるモビリティのプライシング戦略」を発表した。本スタディでは、今後のモビリティのプライシングを6つのタイプとしてまとめている。

 これまでのプライシングは完成車一台に対して、売り切りを前提としたプライシングがなされるのが基本であった。しかし、CASE時代において、プライシング対象は、完成車本体に加えて付帯サービスやソリューションへと広がる。同時に、キーコンポーネントやキーファンクションごとにプライシング対象が切り出されるという変化も生じる。また、サブスクリプション型という新たなプライシングの方法も出現。つまり、完成車一台に対するプライシングと見るのではなく、多様なプライシング対象の組合せとして捉えることができる。売り切って終わりではなく、利益獲得機会は続くとなると、ユーザー数を最大化するための「種蒔き」と、利益を回収する「刈り取り」をうまく組み合わせたプライシングが求められる、とローランド・ベルガーでは分析している。

 多様な組み合わせが想定される中、ローランド・ベルガーでは6つのプライシング戦略を抽出。

  1. 従来型(完成車販売)
  2. ミニマル+α型
  3. ブロック組立型
  4. コンテンツ課金型
  5. 付帯サービス課金型
  6. ソリューション課金型

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング