SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

西松建設、「西松DXビジョン」策定 DX戦略室や諮問機関設置・アジャイル体制の構築など発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 西松建設は、DXに関する取り組みを強化するため、西松DXビジョンを策定し、DX組織・体制などについての方針を発表した。

 同ビジョンは、「現場力がシンカしたスマート現場」「仮想と現実が融合した一人ひとりが活躍できるワークスタイル」「エコシステムで新しいサービスや空間を創り出すビジネス」として、現場、ワークスタイル、ビジネスの3つの空間をデジタルでイノベーションするというもの。

西松DXビジョン構成<br/>[画像クリックで拡大表示]
西松DXビジョン構成
[画像クリックで拡大表示]

 同ビジョンの達成に向け、同社はDX推進に関する戦略立案から実行、推進までを担う独立組織として、「DX戦略室」を設置する。配下には「DX企画部」「ICTシステム部」を設け、DX施策における効果・進捗に関する持続的な推進・管理を行うという。

 また、DX戦略や推進について、全社的な視点で協議し評価する諮問機関として、社長を委員長とするDX推進委員会を設置。全社横断で、DX施策に関する協議やモニタリングを実施するという。

DX推進体制<br/>[画像クリックで拡大表示]
DX推進体制
[画像クリックで拡大表示]

 加えて、DX施策の実行の観点から、DXのテーマごとにDX部門および事業部門からメンバーを集めて、「DXプロジェクト推進チーム」を組成。「DXリーダー」を育成・配置するとともに、DXプロデューサー、データ活用担当者、デジタル技術担当者と協働し、事業部門と連携しながら一体的にプロジェクトを進行する体制を確立するという。

 DX施策の具体的な実施にあたっては、協力会社や外部ベンダーとパートナーシップ関係を構築し、協業を進める。計画からリリースまでのサイクルを素早く回し、繰り返すアジャイルの体制を敷くことで、DXプロジェクトのバージョンアップを図るとしている。

DXプロジェクト推進チーム<br/>[画像クリックで拡大表示]
DXプロジェクト推進チーム
[画像クリックで拡大表示]

 なお、DXシステム基盤については、DXテーマごとに目的実現に必要な機能を整備・拡充し、中核となる仕組みを構築。データ活用基盤を中心に、各々の仕組みのデータを相互に連携してデータ活用を促進するとともに、DX施策の状況を分析・可視化していくという。また個別システムは、機能ごとにマイクロ化し、データ活用基盤をHUBとしてデータ流通を整備することで、事業の変化に追従してシステムの入れ替えが可能な、柔軟なシステムを目指すとしている。

DXシステム<br/>[画像クリックで拡大表示]
DXシステム
[画像クリックで拡大表示]

 最後に同社は、DX施策を推進する上で、情報セキュリティに関する取り組みを改善し、セキュリティ強化を継続的に進めると述べている。情報漏えいなどによる損失および社会的信用の失墜を防ぐとともに、従業員らが安心して勤務できる環境を実現するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング