SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

三井化学と日本IBM、AI・ビッグデータ活用による新規用途探索の実用を開始 製品シェア拡大を目指す

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 三井化学と日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、6月から、三井化学グループ全社でIBM Watsonを実装し、ニュース・SNS・特許などの外部ビッグデータを活用して、三井化学製品の新規用途探索の実用を開始した。三井化学における営業領域のDXを推進することで、製品のトップラインやシェアの拡大を目指すという。

 両社の連携により、IBM Watsonに搭載された、自然言語処理能力やテキストマイニングの技術で、ニュース・SNS・特許などの多様かつ大規模な情報やデータを検索し、効率的かつ複合的な分析が可能になったとしている。

 具体的には、三井化学の営業現場では、材料・素材の機能専門用語から、消費者の声や特許などのデータとの相関を分析。消費者や製品メーカーのニーズやベネフィットと結び付けることで、新しい用途のブレインストーミングとなり、新しい業界や分野へ、根拠に基づく提案型の営業・マーケティング活動を進めているという。

 三井化学は今後、次のステップとして、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)と連動させることで、市場開発から製品開発までのスピード加速を実現。先端デジタル技術を活用し、新しい事業DX・営業DXへチャレンジしていくとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング