SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

パーソルHD、物流業界の「2024年問題」実態調査を発表 約6割が影響を受けると回答

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 パーソルHDは、物流業界の「2024年問題」に関する実態調査を実施し、その結果を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査エリア:全国47都道府県
  • 調査対象者:25~69歳男女、会社員(一般社員、管理職、経営者・役員)、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、運輸業、郵便業、卸売業、小売業の企業に勤務する人・勤務先または経営する企業の従業員規模が30人以上の人
  • サンプル数:1,000件
  • 調査期間:2022年4月8日~11日
  • 調査手法:調査会社によるインターネット定量調査

「2024年問題」についての理解・影響

認知・理解度合い(業種別)

 業種別に見ると、「2024年問題」の影響を直接受けやすい「運輸業・郵便業」は2024年問題に対する「認知・計」が59.8%であった。そのうち「知っていて、十分に内容を理解できている」人は19.6%と他業種より高く、問題認識が高いことがうかがえる。一方、間接的に影響を受けるその他の業種では認知率が50%以下となった。

事業への影響(全体/企業規模別)

 事業への影響として、「自社も取引先も影響を受ける」と答えた人が全体の50.0%、「自社のみ影響を受ける」「取引先のみ影響を受ける」と合わせて60.2%が、何らかの影響があると回答した。企業規模別に見ると、企業規模が大きいほど「影響あり」と捉える割合が高かった。

事業への影響(全体/企業規模別)
[画像クリックで拡大表示]
「2024年問題」で発生すると考えられる課題(業種別)

 「2024年問題」に関連して今後発生すると考えられる課題について、業種別に見ると「運輸業・郵便業」がどの課題に対しても割合が高く、とりわけ「人材不足」の回答が最も多く48.6%に上った。また、他の業種を見ると、「人材不足」と「対応のためのコスト増」が共通して上位に挙がった。卸売業・小売業では「サービス・商品の値上げ」が2位に挙がっており、今後商品価格への影響なども懸念されるという。

発生すると考えられる課題(業種別)
[画像クリックで拡大表示]

「2024年問題」への取り組み

現在取り組んでいること/今後取り組む予定のこと(全体/企業規模別)

 現在取り組んでいることでは「働き方改革の推進」(32.6%)がトップ。企業規模別に見ると、いずれの選択肢も企業規模が大きいほど取り組み割合が高く、「デジタル化・業務見直しなどによる生産性の向上」「物流過程の見直し」などは差が顕著に出ているという。今後取り組む予定のものとしては、「人員の確保・育成」が10.5%とトップであった。

現在取り組んでいること/今後取り組む予定のこと
[画像クリックで拡大表示]

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング