SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

ヴェルト、ウェルネス・ヘルスケア領域での事業共創などを加速するヘルスデータ・プラットフォーム発表

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 ヴェルトは、ヘルスデータ・プラットフォーム「Data Ethnography(データ・エスノグラフィー)」を発表。8月5日より提供を開始する。

 Data Ethnographyは、ウェアラブルやIoT端末などから蓄積されるヘルスデータやライフログと、企業や機関が持つデータを合わせ、日本のウェルネス・ヘルスケア領域の共創的なイノベーションを加速するためのデータ・プラットフォームだという。

 スマートフォンのライフログから、体調に関連した発見をするコンディショニングAIアプリ「you’d」、またはそのアルゴリズムエンジン「Smallytics」搭載のアプリを用い、企業や医療機関にある同一ユーザーのデータを、許諾を得た上で連携し利用するWebサービスとなっている。データは匿名化・統計化処理をした上で、同社クラウド上のダッシュボードや因果推論エンジンを通じて利用されるとしている。

 利用可能なデータは、ユーザーのスマートフォン上のヘルスデータ(現在はiOSのみ対象)、および 「you’d」でユーザーが入力した体調、不調症状、習慣に関するデータ。特に、因果推論オプションを使うと、自社で持っているデータに何がどのように影響しているかをビジュアルで見ることができ、新商品やサービスの構想段階で新たなヒントを得ることができるという。

 また、仮想的に特定のデータを変化させた際、興味の対象となるデータがどのように変化するか計算できるため、より具体的な仮説の考察が可能だと述べている。

[画像クリックで拡大表示]

 関係の強いデータをSmallyticsアルゴリズムなどを用いて、事前に推奨用に計算処理して使えるため、通常であれば長時間になる、多くのデータ項目から関係性の推定処理を行う時間を短縮。これにより、コストと時間のかかる治験や、実験前における短時間での仮想検証を繰り返し行えるため、企業や医療機関におけるイノベーションの一助になるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング