SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

Biz/Zineニュース

東芝インフラシステムズ、ローカル5Gを活用した高精細映像伝送などを体験できるラボを府中市に新設

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

 東芝インフラシステムズは、東芝府中事業所(所在地:東京都府中市)にローカル5G利用するアプリケーションの実証試験を行うラボ「Creative Circuit L5G」を開設した。

 同ラボでは、sub6帯域(4.6GHz~4.9GHz)のローカル5G SA(スタンドアローン)システムや5G端末を用意し、ローカル5G活用の様々なシステムの実証実験を行える環境を提供。工場内やインフラ施設でのローカル5G活用をイメージしたアプリケーションを体感できるとし、スマートグラス、高精細映像伝送、DAS、5GとWi-Fiの違いなどを体験できるという。

ラボ内のローカル5Gシステムを活用した試験のイメージ<br/>[画像クリックで拡大表示]
ラボ内のローカル5Gシステムを活用した試験のイメージ
[画像クリックで拡大表示]
ラボ内体験図
[画像クリックで拡大表示]

 同社は今後、ロボットやAGV(無人搬送車)などのスマートファクトリー向け低遅延制御ソリューション、スマートグラスの遠隔作業支援、360°の大容量映像などのインフラ向け自動化省力化ソリューションなど、これまで収集できなかった運行中の機器データや大容量動画像をローカル5G無線回線で収集。アプリケーションでの付加価値創造を目指して、同ラボにて新サービス創造の取り組みを拡大させるとしている。

 また、量子暗号通信やTSN(Time Sensitive Network)技術など、東芝グループ内で取り組んでいる研究開発技術の実証や、社内外のパートナー企業との共創活動も順次進めるとのこと。府中事業所の生産性向上やスマートファクトリー化の実現、新たな収益機会の創設を目指すという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
関連リンク
この記事の著者

BizZine編集部(ビズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング