フィンランドのアプリゲームを日本へ届けるために現地で法人設立

SQOOLのネットワークを利用して日本に導入

 SQOOL(千葉県千葉市)は、同社取締役の鄭一東(テイ イチトウ)が、フィンランドのユバスキュラにおいて「シドラ・マーケティング株式会社」を設立したことを発表した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シドラ・マーケティングは、フィンランドで優れたアプリゲーム開発事業者を発掘し、そのアプリゲームをSQOOLのネットワークを利用して日本に導入することを、事業の主な目的としている。

 フィンランドは、助成金制度の充実や、低い法人税率など、起業家にとって良い環境が整備されており、加えて全国20校以上がゲーム制作に関する教育プログラムを原則無料で提供するなど、国としてゲーム産業の育成に力を入れている。

 そのため、フィンランドは人口約550万人に対しアプリゲーム開発会社が260社を超えるなど、ゲーム産業の密度が極めて高く、優秀な技術を持つ会社も多く存在するという。

 世界中で大ヒットとなった「アングリーバード」を生み出したRovio Entertainmentや、「クラッシュオブクラン」を作り出したSupercellはその代表例といえる。

 SQOOLとシドラ・マーケティングは、日本のユーザーにフィンランドの優れたゲームを気軽に楽しんでもらえる市場環境を構築するために、今後もさまざまなプロジェクトを実施していくとしている。