『Hard Things』著者が語った、起業家が“困難”に対処するうえで大事なこと

ベン・ホロウィッツ氏:Tech in Asia Tokyo 2015 講演抜粋

 2015年9月8-9日、2日間にわたって開催されたTECHINASIA TOKYO 2015に、シリコンバレーの著名ベンチャーキャピタリスト、ベン・ホロウィッツ氏が登壇。スタートアップCEOを経てベンチャーキャピタリストとなった経験をもとに、スタートアップのリーダーが困難(ハード・シングス)に立ち向かう際の心得を語った。本レポートでは、トークの一部を抜粋してお届けする。(聞き手はBEENOSマネージングパートナーの前田ヒロ氏)

[公開日]

[講演者] ベン・ホロウィッツ [取材・構成] 有須 晶子 [編] BizZine編集部

[タグ] スタートアップ ベンチャー 事業開発 Hard Things

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

避けられない解雇にどう対処するのか?

 経営者が直面する困難のなかでも、雇用や解雇など人材関係の問題は特に難易度が高いだろう。ホロウィッツ氏も、マーク・アンドリーセン氏と共同設立したラウドクラウドの倒産を回避するために事業の一部を売却した際、140 人の社員のレイオフを余儀なくされた。そのとき、彼はどう振る舞ったのだろうか。

会社の成長とともにより多くの人材が必要となるので、コミュニケーションは難しくなります。コミュニケーションの基本は信頼ですが、解雇はその信頼を壊すこと。人を解雇するときは、第一に率直でいること。当てにしていた資金が入ってこなかったから全員を雇っていられない。あなたではなく私のせいで、解雇しなければならない。正直に言うのはこわいですが、そうしなければ完全に信頼を失います。
 ほかに効果があったのは、逃げ隠れしないこと。私は解雇した人が荷物を運ぶのを手伝い、これまでの仕事ぶりにお礼を言いました。経営はまずかったとしても、少なくとも正直であったことは、その後、会社を立て直す際の支えになったと思います。

Facebookが節目を迎えた時、ザッカーバーグにしたアドバイスとは?

 逆に、成長しすぎて、ある時点で経営陣が追いつけなくなったときなどはどうすべきか。Facebookの成長が停滞し、周囲から会社を売却するよう圧力がかかっていたとき、CEOのマーク・ザッカーバーグ氏に意見を求められたホロウィッツ氏は、次のように答えたという。

私は、自分がやるべきだと思うことをやりなさいと言いました。Facebookはあなたの会社であって、あなたが雇った人たちのものではない。会社に現在の評価よりポテンシャルがあると思うなら、自分の考えに従いなさいと。
 また、Facebookが停滞した理由はログインに時間がかかるという技術的な問題だったので、エンジニアの訓練がないのは問題だと指摘しました。歴史がない起業初期には学習は不要でしょうが、3年も経てば既に作った機能がたくさんあるので、新しいエンジニアにはFacebookのためのプログラミング方法を教えなければいけない。マークは会社を大変革しました。今では、同社のエンジニアやプロダクトマネジャーは2か月ほど訓練を受けます。そのおかげでイノベーションを速いスピードで起こせている。すごいスピードでクオリティの高い機能を追加できているんです。

バックナンバー