ハウスオブローゼが店舗評価に「wizpra NPS」をテスト導入

ロイヤルティを生み出している要因を発見し、サービス品質向上へ

 wizpra(東京都新宿区)は、ハウス オブ ローゼ(東京都港区)が顧客推奨度を向上させるクラウドサービス「wizpra NPS」をテスト導入したことを発表した。ハウスオブローゼは、化粧品の企画・開発から販売まで手掛けているが、サービス品質のさらなる向上を目的として、試験的にNPS調査を実施することになったという。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NPSとは、顧客ロイヤルティ、つまり顧客がどれだけブランドやサービスに愛着を感じているかを示す指標として、欧米を中心に広く用いられている。今回の取り組みにおいては、NPS向上を通してロイヤルティを高め、顧客に「推奨される」ブランドとして企業価値向上を狙うという。

 ハウスオブローゼは、これまではがきでアンケートを回収していたが、はがきでのアンケートは集計の手間がかかる上、回答率が低いという問題があった。

 クラウドサービスである「wizpra NPS」の導入によって、顧客が簡単にスマートフォンから回答することができ、回答数を増加させることが可能になった。また、回答を集計する手間を省き、リアルタイムに分析結果が反映されるので、即座に問題解決の要因が発見できるという。

 ハウスオブローゼは、化粧品の企画・開発から販売まで手掛ける自然化粧品のパイオニア。自然由来の製品開発や、製品管理、カウンセリングサポートにこだわり、創業以来高品質なサービスを提供し続けている。1978年に青山でブランド展開を開始して以来、全国に拠点を拡大し、現在は254店舗を展開している。