Biz/Zineニュース

「ドローン&クラウドを活用したソーラーモジュール検査サービス」の実証実験に合意

セキュアドローン協議会の会員4社が協業

 セキュアドローン協議会は、本年度の発足以降、ドローンの業務活用を推進するために、自動航行システムの研究・開発を会員企業と実施してきたところ、今回、会員企業4社で、ドローンとクラウドを活用したソーラーモジュール(太陽電池パネル)の検査サービスを共同開発し、同協議会において実証実験を行うことを合意した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ロボット クラウドコンピューティング データテクノロジー

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回協業した4社は次のとおり。

  • エナジー・ソリューションズ(東京都千代田区)
  • サイバートラスト(東京都港区)
  • ソフトバンク・テクノロジー(東京都新宿区)
  • ユビキタス(東京都新宿区)

 今回の協業によって、各社が持つ、セキュリティ技術、IoT クラウド/組込ソフトウェア関連技術、ソーラー O&M システムといったICT関連技術の知見と経験を生かして、ドローンの機器認証と自動航行制御、IoTクラウドでの管理データのBigData化・解析を行い、ソーラーモジュール検査の時間短縮、省力化およびコスト削減を実現する。

 ドローンとクラウドを活用したソーラーモジュール検査サービスは、次のような特徴があるという。

 ・検査コストが安価:1MWメガソーラーのモジュール検査を1/2~1/3のコストで提供可能。

 ・検査時間が短く、その場で報告書を確認し対応が可能:赤外線カメラ搭載ドローンを使用するため、1MWメガソーラーのモジュール検査を約20分程度で検査が可能。赤外線画像を即座にデータセンターで画像解析し、検査結果情報を現場にフィードバックするため、問題解決に即座に対応することが可能。

 ・1日で複数のメガソーラーの検査が可能:現場での検査は準備等を含め、1MWメガソーラーで2~3時間で完了するため、1日で複数の太陽光発電所の検査を実施可能。

 また、4社により、ソーラーモジュール検査に関する特許出願をした。

 今後、代表的な再生可能エネルギーである太陽光発電所の定期検診におけるソーラーモジュール検査サービスの共同開発とサービス提供を実施していくとしている。