Biz/Zineニュース

サーキュレーションとサイカが連携、マーケティング支援の専門家相談プログラムを開始

マーケティングの効果測定から戦略策定までを支援

 サーキュレーション(東京都千代田区)は、サイカ(東京都千代田区)と連携し、事業会社のマーケティング施策における効果測定とマーケティング戦略策定支援プログラムの開始を発表した。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このプログラムは、サーキュレーションの専門家1時間相談サービス「X-book」と、サイカの統計分析webアプリケーション「adelie」の連携により実現したもの。「X-book」が提案するマーケティングの専門家が、「adelie」のアウトプットに基づき、そこからのデータの読み取り、解釈から次のアクション、戦略策定までをアドバイスする取り組みだという。

 これまで、広告業界で実績のあるアデリーと、アドバイザリーや実働支援実績のあるサーキュレーションの専門家による相談サービスを連携させることにより、より現場に沿った分析と提案が可能になるとしている。

 「マーケティングの効果測定ができない」「データの結果が次のアクションや戦略策定につながらない」といった課題に対して、専門家が解説しディスカッションし、具体的な筋道を提示することにより、データの取り扱い方について習熟するとともに、具体的なアクションの実行までができるようになるという。

 今回のプログラム開始に当たって、応募企業のうち抽選で5社に2時間限定で効果測定サービスおよび戦略策定支援を無償提供するキャンペーンを11月16日まで行っている。

 今回は、データ活用に関しての専門家のインタビュー(キャリア・スキルについて、データへの向き合い方について)を、それぞれ両社のメディアで掲載する。その後、両社のメディアおよび事務局(X-book事務局:サイカ)で応募を受付け、応募企業のうち抽選で5社に2時間限定で効果測定サービスおよび戦略策定支援を行うという。