Biz/Zineニュース

サーキュレーション、インキュベーション施設「スタートアップ100」の一般募集を開始

すでにクールジャパン発信起業家やスタートアップの入居が決定

 サーキュレーション(東京都千代田区)とウェイビー(渋谷区桜丘町)は、10月1日にクールジャパンの担い手となる有望なスタートアップ、および世界を担う日本発スタートアップが集積するインキュベーションオフィス(創業支援施設)「スタートアップ100」を、東京都千代田区有楽町のイスのコトブキビルに開設し、現在入居を希望するスタートアップの募集を開始している。

[公開日]

[提供元] entrepedia

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「スタートアップ100」は、日本における本質的なベンチャー活性化に資する取り組みとして、これまでとは異なるインキュベーションオフィスとして開設されたもの。

 このインキュベーションオフィスは、協賛企業を集うことによって、12月31日までの無料貸与を実現、メンタリング・専門家によるコンサルティング・資金調達・人脈構築など、あらゆる側面で入居者をバックアップするという。さらに、外国人観光客が多く集まる銀座という好立地を利用し、このビルから日本の伝統文化を発信するとしている。

 同ビル内でのスタートアップ、サポーター、連携企業のコミュニティ形成によって、事業の成長を加速化し、海外展開していく企業を数多く生んでいくことをめざすという。

 ・入居は完全無料:審査さえ通れば入居は無料。執務スペースとして、商談スペースとしての活用や、セミナー・イベント開催が可能。

 ・強力な支援体制:多様なバックグラウンド・スキル・ネットワークを有するサポーター陣からの優先的な支援を受けることができる。

 ・入居企業同士の連携とその触媒としてのサポーター:スタートアップ支援の仕組みとして、入居企業間での事業連携などを促進。事業発表の機会やサポーターを触媒とした相互紹介によって入居企業でのコミュニティを形成。

 ・期間限定での開催:開催期間は、2015年10月1日から12月31日までの3か月間。この取り組みの趣旨に賛同したビルオーナーによる施設提供により、「日本におけるインキュベーター施設の新しい取り組み」のために、多くの企業の事業支援、成長加速の支援をめざした実験的な取り組みとする。

 すでに、クールジャパンを世界発信する起業家や、スタートアップの入居が続々と決定しているという。入居するスタートアップとの連携可能な企業を幅広く募集している。入居申し込みの条件は次のとおり。

  • 東京進出の機会を模索している地方のスタートアップ、優良企業
  • クールジャパンを軸に事業を設計しているスタートアップ
  • スタートアップの支援や連携機会を模索する事業会社

 また、入居企業は具体的には以下のようなサポートを受けることが可能だという。(一部有料)

  • 設立支援:ウェイビー社による司法書士としての会社設立の実務支援やHPの開設支援
  • サポーターによるメンタリングおよび実働支援:エンジェル投資家や連続企業家、新規事業支援などのサポートメンバーが、メンタリングやハンズオンでの支援を実施
  • リーガル支援:契約書の作成やリーガルチェックなど、弁護士によるサポートを提供
  • 会計・財務支援:サポーターによる財務諸表のチェックやCF管理、事業計画策定、資金調達アドバイスなどの支援を実施。スタートアップへの管理体制構築支援。
  • 専門家相談サービス:サーキュレーションが展開するX-bookサービス(1時間の専門家ヒアリングサービス)を提供。人事や営業のノウハウの獲得や新規事業についての市場調査やブレスト、資本政策や財務についての専門的アドバイスなどを提供
  • 資金調達・広報のための事業計画発表会:入居企業の資金調達支援のための事業計画の発表会の開催