Biz/Zineニュース

表技協、3DCG、VR、実写映像を融合させた先進のプロジェクションマッピングを実現

11月17日に「フォーラムエイトデザインフェスティバル」前夜祭で公開

 一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会(表技協・東京都港区)は、11月17日(火)の夜、品川プリンスホテル・クラブeXにて開催される、「フォーラムエイトデザインフェスティバル前夜祭」において、業界初の3DCG、VR、実写映像の融合よる先進のプロジェクションマッピングを実現する。(画像は、今回のプロジェクションマッピングのイメージ)

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー VR

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のプロジェクションマッピングは、表技協が最先端の表現技術の開発に取り組む中、最新の成果発表となるもので、3DCGとVR、実写映像を複合的に融合した他に例のない先進のコンテンツだとしている。

 特設のステージ上に実物の2分の1サイズの車のモデルを展示して、プロジェクションマッピングショーを演出するもので、3DCGの映像と、未来的なVR背景、ドローンによる実写映像を融合し、そこにイルミネーションと一体化した演出で紹介する。

 このイベントは、 フォーラムエイト(東京都港区)が、11月18日から20日に、品川インターシティホールを中心に開催する「第9回フォーラムエイトデザインフェスティバル2015」の前夜祭として、11月17日夜(17:30~21:00)、品川プリンスホテル・クラブeXにおいて初開催(招待制)される。