IBMとソフトバンク、「IBM Watson」でコグニティブ・サービスの日本語版を提供

Natural Language Classifier 、Speech to Textなど6種類

 日本IBMとソフトバンクは、日本での「IBM Watson」を活用した新しいアプリケーションの開発に利用できる6種類のコグニティブ・サービスの日本語版の提供開始を発表した。新しい日本語サービスにより、日本のパートナー、起業家、アプリケーション開発者は、新しい革新的な方法で「IBM Watson」をそれぞれのビジネスに導入することが可能になるという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 Watson

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「IBM Watson」のAPIは、開発者、起業家、イノベーターに日本語で提供され、次のソリューションが含まれている。

 ●言語:コグニティブ・アプリケーションが文脈の中で日本語のニュアンスを理解できるサービスを開発している。

  • Natural Language Classifier (自然言語分類):開発者は意図や意味を理解し、質問が異なる方法でなされた場合でも、ユーザーが回答を見つけ出す製品やアプリケーションを開発することができるようになる。
  • Dialog(対話):人間が質問する時の個人的なスタイルに合わせた会話を生み出すことで、アプリケーションのより自然なインタラクションを可能にする。
  • Retrieve and Rank(検索およびランク付け):データの中にある「信号」を検知し、最も見つけることが難しい情報もユーザーが見つけ出すことを支援する機械学習を活用して、情報検索を向上。
  • Document Conversion(文書変換):PDFやWord、HTMLといった異なるフォーマットのコンテンツを、Retrieve and RankのようなIBM Watsonのサービスで使用できるフォーマットに変換。

 ●スピーチ:開発者がアプリケーションを日本語で開発することを可能にする進化した技術を提供。

  • Speech to Text(音声認識)サービス
  • Text to Speech(音声合成)サービス