メタップス、ネット専業M&A仲介サービス「SPIKEマッチング」を開始

「SPIKE Fintech Platform」の第1弾として人工知能によるM&Aマッチング

 メタップス(東京都新宿区)は、オンライン決済「SPIKE」で展開する「SPIKE Fintech Platform」の第1弾として新銀行東京(東京都新宿区)と提携し、インターネット関連ビジネスに特化したM&A仲介サービス「SPIKEマッチング」の提供を開始する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 金融 AI・機械学習 FinTech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SPIKEマッチング」では、20万件以上の登録事業者がある決済プラットフォーム「SPIKE」の会員基盤を活用し、インターネット関連ビジネスに特化した形で事業の売り手と買い手の最適なマッチングを実施するという。対象となる事業の例として、ECサイト、スマートフォンアプリ、ソーシャルゲーム、キュレーションメディア、アドネットワークなどがあげられている。

 売り手側と買い手側が必要な情報を入力すると、人工知能(AI)が各案件の情報を分析し、最も条件が近いもの同士をマッチング、具体名を伏せた匿名の形で売り手と買い手の双方にメッセージを送る。双方で興味があった場合に、はじめて交渉が開始される仕組みになっているという。

 料金は、完全成果報酬型になっており、着手金などは発生しない。また、今回、新銀行東京と提携し、事業を買収したいが資金が不安という企業向けに買収資金の融資もサポートしていくとしている。

 「SPIKE Fintech Platform」を使ったパートナーシップの例は次のとおり。

  1. インフラ:銀行システムとのデータ連携をAPIで実現
  2. 決済・送金:セキュアで利便性の高い決済・送金サービスを開発
  3. 融資・貸付:販売実績をもとにした与信付与で迅速な融資や貸付を実現
  4. 保険:取引実績や登録データをもとにした新しい保険商品の開発
  5. リース:事業に必要な機材を簡単に申し込めるリースの提供
  6. カード:仮想通貨や優待などを絡めた新しいカード商品の開発