SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

事業企画の現場で使う、ツールTips

ビジネスモデル仮説を検証し機能を定めた後にすべきこと―スクラムを活用した事業開発

第15回:スクラムボード編

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

スクラムの事業への適用は「事業ステップ」の期限設定からスタートする

 スクラムは、一連のスクラムイベントと呼ばれるステップ(PDCAサイクルに近い)、バックログと呼ばれるものを含む要件リストから構成されます(図2)。各々のイベントには時間の上限があるタイムボックスが設定されていることが特徴です。これは、時間の無駄を省くとともに、開発作業全体にわたる規則性とリズムを維持するためのものでしょう。スクラムの中核は、スプリントと呼ばれる固定された期間による反復的な開発サイクルであり、これがスクラムの最もユニークなポイントかもしれません。以下、各々のイベントのエッセンスを要約していきましょう。

スクラムのフレームワーク図2. スクラムのフレームワーク

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
事業企画の現場で使う、ツールTips連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

白井 和康(シライ カズヤス)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング