クラウドワークス、女性の新しい働き方を考える課題解決型イベントを初開催

女性クラウドワーカーの働き方の実態や企業の 女性活躍推進の取り組みを紹介

 クラウドワークス(東京都渋谷区)は、企業と個人の両面から「女性の働き方」について考える課題解決型イベント「クラウドワークス アドベンチャー2016」を3月18日に恵比寿ガーデンプレイスタワーのクラウドワークスで初開催する。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークスタイル 社会・公共

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このイベントは、女性クラウドワーカーや、女性活用に関心のある企業、女子大学生や行政を対象としたもの。当日は、女性クラウドワーカーへの「働き方実態調査結果」をもとに、出産や子育てを両立するクラウドワーカーのリアルな働き方を解説するとともに、 女性活用に積極的な企業担当者より企業の女性活躍推進のための制度づくりを紹介するという。

 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」に登録する女性ユーザーの最多層は20代後半から30代のいわゆる子育て世代の女性で、この世代の女性が働き続けるとともに、キャリアアップできる環境づくりを提供することは、潜在労働力の掘り起こしに繋がるとしている。

 イベントでは、「女性クラウドワーカー働き方実態・意識調査結果」が発表されるほか、プロクラウドワーカーによるプレゼンテーション「わたしの人生を変えたクラウドワーキングという働き方」やパネルディスカッションなどが予定されている。

 ■「CrowdWorks Adventure」開催概要

  • 日時:2016年3月18日(金)13:00~15:00(受付開始12:30)
  • 会場:クラウドワークス(東京・恵比寿)
  • 来場者数:130名(予定)
  • イベント詳細・申込: https://crowdworks.doorkeeper.jp/events/39860