セミナーレポート Business Book Academy

PR

日常の「行為」に注目したデザインと、行為の手を止める「8つのバグ」の解決策とは?

Business Book Acadey 2016.05.20セミナーレポート

 ビズジンが主催する無料イベント「Business Book Academy」(協賛:日立製作所)。2016年5月の講師は、書籍『問題解決に効く「行為のデザイン」思考法』も好評な、応用物理学の学歴を持つ異色のデザイナー村田智明氏。「ヒト・モノ・情報のインターフェイス」「行為を妨げる8つのバグ」を中心に、企業における実際の商品・サービス開発で活用されている「行為のデザイン」を事例とともに解説していく。

[公開日]

[講演者] 村田 智明 [取材・構成] 岡田 弘太郎 [編] 栗原 茂(Biz/Zine編集部)

[タグ] デザイン思考 事業開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハンガーのデザイン」は人に優しいのかを疑ってみる

 「ハンガーにスーツをかけようとする時に、どのような問題が発生するか?」という問いかけから村田氏の講演は始まった。

 多くの人はハンガーにまずは上着をかけると思うが、そうするとズボンをハンガーにかけにくいという問題が発生する。解決策としては「上着とズボンを別々のハンガーにかける」もしくは「ズボンを先に脱ぎ、ハンガーにかける」ことが考えられるが、村田氏が「スーツの上着より先にズボンを脱ぐ人はいるか」と会場に問いかけたところ、約100人の中で手を挙げたのはたったひとりだけ。つまり、ハンガーはマイノリティのために設計されていることになってしまう。

 このような問題は、新しいプロダクトをつくる際に「行為」に注目しないことで起こる。本稿では人々の行動に注目し、問題解決を果たすイノベーションを起こす方法論である『「行為のデザイン」思考法』について、「ヒト・モノ・情報のインターフェイス」「行為を妨げる8つのバグ」を中心に考えていく。

村田智明村田智明氏
京都造形芸術大学教授 大学院SDI所長
株式会社ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役

バックナンバー