アクセンチュアがイノベーション拠点「アクセンチュア・デジタル・ハブ」を新設

アクセンチュア株式会社は、企業のオープンイノベーションの支援拠点「アクセンチュア・デジタル・ハブ」を、東京都港区赤坂に新設した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] 競争戦略 企業戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アクセンチュア・デジタル・ハブ」は、アクセンチュアが世界各国で培っているデジタル変革の知見やノウハウのほか、国内外のスタートアップ企業やクリエイター、アクセラレーター、ベンチャーキャピタリスト、大学の研究者、企業のR&D部門など外部のパートナーが有する優れた技術やアイデアを結集するための拠点。デジタルマーケティングやUX(ユーザーエクスペリエンス)デザイン、アナリティクス(人工知能や機械学習、マルチモーダル学習など)、セキュリティなどの各領域に精通したアクセンチュアの専門家が、外部パートナーとともに広汎なエコシステムを構築し、企業や組織に対してワークショップやアイデア検証、プロトタイプ開発の支援などを行う。これにより、企業や組織は、スタートアップ企業との協業による新規事業の創出や、社会や地域の課題解決に向けたエコシステムの構築など、オープンイノベーションの取り組みを通じて、デジタル変革をよりスピーディに推進することが可能になるという。

「アクセンチュア・デジタル・ハブ」では、可動式のコラボレーションエリアを設けており、社内外のセミナーやワークショップを行うことができる。また、アクセンチュアが提供するデジタルソリューションや、分析のプラットフォームのほか、アクセンチュアのサイバー・フュージョン・センターで提供しているサイバー攻撃対策サービスなど、先端デジタル技術を体感できるデモ設備も有している。

「アクセンチュア・デジタル・ハブ」の統括は、アクセンチュア株式会社 デジタル コンサルティング本部のマネジング・ディレクター 保科学世氏がつとめる。