SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

MITで学ぶDesign for Startup

領域横断型人材を育成する「MIT IDM」におけるデザインの授業

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

手を動かしながら考える環境と統合的なカリキュラム②

スタジオタイム

タイトル

 同時並行で進行するデザインプロジェクトの経過チェックや作業のための時間である。入学して最初に行われるプロジェクト以外は、バックグラウンドの異なる3人が1組となり、チームでプロジェクトを進行していくことになる。それぞれのチームに大きな作業テーブルとホワイトボードが与えられ、そこで制作やディスカッションを行っていく。このセッションでは、ディレクターやテクニカルインストラクターが各テーブルをまわり、助言や今後の進め方についてのディスカッションが行われる。外部の講師がスタジオを訪れて意見をくれることもあり、プロジェクト進行のための大きなヒントを得られる大事な時間となっている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
MITで学ぶDesign for Startup連載記事一覧
この記事の著者

永田 昌一(ナガタ マサカズ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング