SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「イノベーションのジレンマ」の大誤解

オープンイノベーション2.0時代の「社内起業、8つの成功の道すじ」~『幸田正司物語』

第8回:「イノベーションのジレンマ」の大誤解【番外編2】イントラプレナーアクセラレーターという選択肢Vol.2

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

“傍流社員”と“抜擢社長”の化学反応の始まり~新規事業の成功パターンの典型「幸田正司物語①」

幸田正司

 日常的に社外の起業家コミュニティに関わりながら、自分のビジネスプランを磨き上げている幸田正司(34歳独身)。東証1部の某食品メーカーの国際事業部に所属する中堅社員である。彼のプランは本業と競合する可能性もある“逸脱”プランであるため、本業事業部からは若干煙たがられているのである。仕事はできるが、会社に対するロイヤリティはそれほど高くないため、上司からの評価は中の上くらい。ただし、一部の役職者からは「面白いやつ」と見られている。入社して10年を過ぎており、仕事に対する慣れもあり、変化のない日々に悶々としている。2年前に同社に新規事業開発部ができ、異動希望を出すも叶わず、それゆえに「いつか事業を創ってみたい」という思いがさらに高まり、それが社外の起業家コミュニティに近づけ、自分自身のビジネスプランを温めさせている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「イノベーションのジレンマ」の大誤解連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 規文(スズキ ノリフミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング