ソニー、AI・ディープラーニングの開発環境「Neural Network Console」を無償提供

 ソニーはディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成できる統合開発環境「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービスをオープンベータ版として、11月8日から無償提供すると発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] AI・機械学習 ディープラーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月にオープンソース化したディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」に続き、8月に無償提供を開始したコンソールソフトウェア「Neural Network Console」は、Windows OSのみに対応していた。今回提供するクラウドサービスでは、ネットワーク接続環境下においてウェブブラウザーでアクセスすることにより、オペレーティングシステムにとらわれることなく、Mac OSやLinux OSでも「Neural Network Console」を利用できる。

****

 プログラムエンジニアやデザイナーは、プログラムのPCへのインストール作業から解放され、ウェブブラウザーでアクセスするだけで、本格的なGUIを持つディープラーニング統合開発環境であるコンソールソフトウェアを利用でき、直感的なユーザーインターフェースで、ニューラルネットワークの設計、学習、評価などを柔軟、かつ効率的に行いながらディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるようになるという。

 なお、クラウドサービスでは、より高速な学習の実行や、複数のプロジェクトの学習を同時に進行させたいユーザーに向けて、複数のGPUを用いた高速演算が可能な機能等も今後有償で導入する予定だという。

 無償のオープンベータ版は、1アカウントあたり、10時間のCPU学習、10GBのストレージ、10のプロジェクトという制約がある。コンソールソフトウェア「Neural Network Console」クラウドサービスの主な特徴は次のとおり。

 ・専用アプリケーションのインストールは不要:ウェブアプリケーションのため、サービスにログインするだけで常に最新の機能を利用できる。

 ・さまざまな環境から利用が可能:Windows OSベースの「Neural Network Console」とは異なり、ネットワーク接続された環境下において、Windows OSに加え、Max OSやLinux OSなどさまざまなOSでの利用が可能。

 ・優れたポータビリティ:クラウド上で学習した結果は、ダウンロードして「Neural Network Libraries」で実行できる。Windows版の「Neural Network Console」とのプロジェクトのやり取りにも対応。

 なお、「Neural Network Console」のベースとなる「Neural Network Libraries」を用いた学習および認識機は、エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」『ERS-1000』にも採用しており、鼻先の魚眼レンズによる画像認識の人物判定から顔トラッキング、チャージステーションの認識、一般物体認識などを実現しているという。