SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

「イノベーションのジレンマ」の大誤解

成功する社内事業開発の「偶発的出現率」を高める8つの“道すじ” ──『幸田正司物語・最終章』

第10回:「イノベーションのジレンマ」の大誤解【番外編2】イントラプレナーアクセラレーターという選択肢Vol.4

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

成功する社内事業開発の「偶発的出現率」を高める、8つの“道すじ”

 さぁ、幸田正司のビジネスはどうなるのでしょうか?

 今回の連載では幸田の事業の顛末までは書きません。読者のみなさまがそれぞれ想像していただければと思います。著者グループは多くの社内事業開発を見てきましたが、ここまでの環境を作れることはかなり奇跡的です。そして、ここまでやっても、新規事業においては成功はまったく保証されていませんし、そもそも成功確率は低いものです。それゆえに、トライアンドエラーの事例を数多く実施していく必要があります。多くの企業では、数少ない失敗事例をもって次のトライを制限してしまう、逆の「選択バイアスの罠」に嵌まっています。 

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
「イノベーションのジレンマ」の大誤解連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 規文(スズキ ノリフミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング