ソフトバンクとfreeeが会計、人事・労務分野におけるRPAの普及に向けて協業

スモールビジネスの生産性向上に貢献するRPAロボットを共同開発

 ソフトバンクとfreeeは、企業の会計、人事・労務における手作業を自動化するRPAロボットの共同開発を発表した。ソフトバンクのRPAソリューション「SynchRoid(シンクロイド)」を活用し、freeeが提供する「クラウド会計ソフト freee」および「人事労務 freee」向けのRPAロボットを開発・提供することで、顧客の業務効率化や生産性向上に貢献するという。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間が行う単純作業や書類業務をRPAが代替

 RPAは「Robotic Process Automation」の略で、「ソフトウエアロボットによる業務自動化」を指す。利用者が処理手順を登録するだけで、ソフトウエアロボットが入力、登録、検索、抽出、集計、加工、データチェックといった事務作業や書類業務を人間に代わって自動的に処理する。

 ソフトバンクは、2017年10月からRPAソリューション「SynchRoid」を提供している。

 freeeが提供する「クラウド会計ソフト freee」および「人事労務 freee」は、経理や人事・労務業務全般を一気通貫で完結する統合型ソフトウエア。特に、中小企業や個人事業主などスモールビジネス領域における利用が多いという。

 今回、ソフトバンクとfreeeは、中小企業や個人事業主のバックオフィス業務にRPAロボットが活用される世界実現を目指して協業を開始した。

連携第1弾として、20業務の RPAロボットを共同開発

 両社は連携第1弾として、20業務のRPAロボットを共同開発した。追加でシステム開発を行うことなく、登録作業や他のツールとの連携などを自動化できるため、顧客の業務負担を大幅に軽減できるという。両社は引き続きRPAロボットを開発・提供するとともに、顧客の業務ニーズに合わせてRPAロボットを柔軟に選択・利用できるプラットフォームを構築していくと発表した。