Biz/Zineニュース

A.C.O.、企業とUXデザイナーがサービス改善・開発できるデザインスプリント専用ルームをオープン

 UXデザイナー、UIデザイナー、情報設計士が所属するA.C.O.が、企業のデジタルサービス改善や新規サービス企画、ブランド戦略を短期間で実現するためのデザインスプリント専用ルームを五反田にオープン。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] ワークプレイス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザインコンサルティングファームのA.C.O.は、企業とUXデザイナーが短期間でサービス改善・開発できる、デザインスプリント専用空間「スプリントルーム」を2018年8月31日より開設した。

「スプリントルーム」の特徴

1)調査からプロトタイプまで、ひとつの部屋で完結できる

 デザインスプリントはスコープを設定した後、主に「理解」>「発散」>「決定」>「プロトタイプ」>「テスト」といったフェーズに沿って進められる。スプリントルームはひとつの部屋で、それら全てのフェーズを一気通貫で行うことが可能になっている。

2)アイデアや場の状況など、会議そのものを保存できる

 スプリントルームでは、その日に使用したホワイトボードやアイデアが書かれたポストイットを、そのままの状態で残すことが可能。翌日でも数日後でも、部屋へ戻った瞬間に前回のアイデアが蘇り、瞬時にデザインスプリントを再開できる。

3)クリエイティブシンキングに最適な、スプリントキットを完備

 約10人・2〜3組のグループセッションが可能。また、アイスブレイク用のヨガやBGMを交えたプログラムも用意している。そのほか、移動可能なテーブルや椅子、プロトタイプを制作できるペアワーキングデスクなど、スプリントに最適な環境とキットを完備している。