SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

顧客を成功へ導く「カスタマーグロース」とは

KPIを変えないまま「サブスクリプションビジネス」をしてはいけない──鍵となる「3つの指標」とは?

第2回

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

いかに活用してもらえるかによって、ビジネスの価値が変わる

 次の「活用レベル」は、お客さまがどれだけシステムを活用しているかを指す。導入したものの、ほとんど活用していない。最初は活用していたけれど、徐々に使わなくなったというケースは少なくないだろう。

 オウケイウェイヴでは、次のように可視化している。最も活用レベルの高い「レベル3」は、レポートや業務実績を出力しているレベルを指す。次の「レベル2」は、FAQを作成・編集している、インシデントに回答しているなどである。「レベル1」は、FAQは作成していないがログインはしている。「レベル0」は、ログインすらしていない状態で、解約のリスクが潜むという。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
顧客を成功へ導く「カスタマーグロース」とは連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング