デロイトとZuora、サブスクリプション型ビジネスモデルによる企業変革推進コンサルティングで協業

 デロイト トーマツ コンサルティングとZuora Japanは、サブスクリプション型ビジネスモデルによる企業変革推進コンサルティングサービスでの協業開始を発表した。

[公開日]

[著] BizZine編集部

[タグ] テクノロジー サブスクリプション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デロイト トーマツ コンサルティング(以下、DTC)とZuora Japan(以下、Zuora)は、2社の協業でサブスクリプションビジネスへの転換を目指す事業者に対して、コンサルティングサービスを提供すると発表した。顧客ニーズの把握、競争力と共にカスタマージャーニーを考慮したサービス設計に加え、サブスクリプション管理業務の設計、システム導入、意識変革まで含めたサービスになるという。

 今回の協業において、DTCは、サブスクリプションモデルによる新規事業の構想策定フェーズから導入・展開までを一貫して支援する。一方、クラウドベースのサブスクリプション管理プラットフォームを提供するZuoraは、システム導入時のソリューション提供や技術的観点でのサービスを行うとしている。